7ワットLEDドライバーSMPS回路–電流制御

7ワットLEDドライバーSMPS回路–電流制御

提示された7ワットLEDドライバ回路は、SMPSベースの非絶縁トランスレス回路であり、接続されたLEDの安全な電流制御出力を保証します。複雑なトランス巻線を使用せずに構築するのは非常に手頃です。



定電流および負荷調整の目的

IC TPS92310の設計の背後にある目的(から TEXAS INSTRUMENTS )は、一次側の検出を通じて負荷に定電流ラインと負荷レギュレーションを提供することです フライバック インダクタは、臨界導通モードで動作し、従来のオプトカプラベースの二次側フィードバック制御の必要性を排除します。

提案された設計は、 非絶縁型シングルインダクタsmps設計 したがって、必須の変圧器が削除され、設計が非常にコンパクトになり、BOMが少なくなりますが、LEDドライバー仕様の標準性能基準を満たしています。





この設計には、よりクリーンな出力を確保し、 最新のPFCIEC61000-3-2ルール

以下の説明は、提案されている7ワットLEDドライバーSMPS回路の動作原理を示しています。



回路図と機能

7ワットコンパクトSMPS非絶縁ドライバー回路、220V AC入力、29V 230 mA出力、ICTPS92314Aを使用

1)LEDコントローラチップTPS92314Aには、入力で高力率を確保するための高度な定オン時間制御機能と、より高い効率と最小のEMI放射を保証するための準共振スイッチングが含まれています。

2)この設計は、ハイサイドバックコンバータの形で構成されたインダクタの蓄積エネルギーを通じて負荷電力の調整を容易にします。

3)出力にダイオード/コンデンサを含めると、SMPS設計の従来の分離形式で一般的に見られる追加の補助巻線に依存することなく、DC含有量がさらに調整されます...ここではこれが排除され、ユニットが非常にコンパクトになります、非常に効率的で費用効果が高い。

4)この図は、交流入力電流を単一の正のACバスに変換するための入力での標準的なフルブリッジ整流器ネットワークを示しています。

ここでの脈動正弦波電圧は、脈動正弦波電流に忠実に従います。ブリッジ整流器の直後に100nFのコンデンサが存在するため、これは高い力率応答を維持するのに役立ちます。

5)上記の処理された電源は、ハイサイドスイッチングデバイスとして構成されたMOSFETのドレインに供給され、そのソースはインダクタL3および出力コンデンサC5とともにD8フリーホイールダイオードに接続されています。

6)この図では、ICのIC入力側がスイッチングジャンクションSWを参照していることがわかります。これにより、処理されたACが接続されたLEDの順方向電圧値よりも高い電位になるまで、ICがオンになりません。そのため、入力には電流が流れていません。このパラメータは、電源切り替え時に遅延係数を発生させ、次の式で計算できます。

ΔT=正弦波(逆)VLED /√2xVac

IC TPS92314の臨界導通モード期間中、インダクタからのピーク電流は入力ピーク電流の2倍になります。

この7ワットLEDドライバーSMPS回路のインダクター値は、次の式を使用して計算できます。

L = [1.41 x Vac-VLED] xトン/ΔIpeak

このICには重要な導通モード動作が含まれるため、インダクタ内の電流がほぼゼロにランプダウンした場合にのみ、後続のすべてのオン期間が開始されます。

VLEDは入力側のブリッジネットワークグランドにリンクされていることがわかるため、VLEDの形式のフィードバック電圧がICに印加され、ICの電源電圧のように機能します。この特定の実装により、設計は単一の非絶縁インダクタのみで快適に動作し、複雑な余分なバイアス巻線を取り除くことができます。

これにより、この7ワットの非絶縁型SMPS LEDドライバー回路は、非常にコンパクトで耐久性があり、効率的で非常に長持ちし、現在のSMPS法にも準拠しています。

設計仕様

この設計は、1ワットから7ワットの範囲のすべての電源LEDに適合させることができます。

ドライバ回路の主な仕様は、次の表で確認できます。

完全なデータシート ここに




前:DFプレーヤーを使用したMP3プレーヤー–完全な設計の詳細 次へ:非接触センサー–赤外線、温度/湿度、静電容量式、光