電子通信工学の学生のためのセミナートピック

電子通信工学の学生のためのセミナートピック

ゼミのプレゼンテーションは、より明るいキャリアのためにより多くの知識と強力なスキルを習得するための工学部の学生の重要な側面です。多くの電子工学および通信工学の学生は、ゼミのトピックを選択するのが非常に難しいと感じています。この記事は、最も人気のある最新のリストを提供します エレクトロニクスのセミナートピック とコミュニケーションの学生。の選択 最高のpptトピック 最高のトピックを選択することで学生の最新情報に関する知識が向上するため、学術的な観点だけでなく知識の観点からも重要です。 組み込みシステムのテクノロジー 。この記事は最新のものをリストします 簡単なセミナートピック 電子工学および通信工学の学生向け。



電子通信工学の学生のための最新の技術セミナートピック

これがのリストです 最新の技術セミナートピック 電子工学および通信工学の分野でゼミのトピックを選択するECEの学生のために。


最新のテクニカルセミナートピック

最新のテクニカルセミナートピック





有機発光ダイオード(OLED): ダウンロード

ザ・ OLEDは有機発光ダイオードの略です 、発光ダイオードと同じように見えます。 OLEDは、テレビ画面、コンピューターモニター、携帯電話などのポータブルシステムなど、多くの電子機器で使用されている電子機器の最新技術です。 OLEDは低電力と素晴らしい色の組み合わせを消費します。 OLEDは、電子工学と通信に関するセミナーのトピックで1位になります。

OLEDテクノロジー

OLEDテクノロジー



Bluetoothテクノロジーはテクニカルセミナーのトピックです。 ダウンロード

Bluetoothテクノロジー は、データをシリアルに送受信するために使用される高速で低電力のワイヤレステクノロジです。 Bluetoothトランシーバーは、携帯電話、コンピューター、その他の電子機器など、多くの機器で構成されています。 Bluetoothテクノロジーは、電子工学および通信の学生にとって最高のセミナートピックの1つです。組み込みシステムでは、 電子プロジェクトアプリケーション 、Bluetoothテクノロジーによる制御。 Bluetoothテクノロジーは、電子工学と通信に関するセミナーのトピックで2位になります。

Bluetoothテクノロジー

Bluetoothテクノロジー

監視カメラ制御システム: ダウンロード

これは、道路、店舗、大学などの場所でセキュリティを提供し、監視目的でビジュアルをキャプチャするための最新のテクノロジーです。強盗の場合、記録されたビデオまたはビジュアルは強盗についてのいくつかの手がかりを提供するかもしれません。これらの監視カメラは固定装置であるため、このようなシステムでは360度のカバレッジは不可能です。ただし、これらのカメラでは270度のカバレッジが可能です。これが一番 ECEの技術セミナートピック 学生。

生体認証投票機: ダウンロード

生体認証システムは、組み込みシステムに新しいテクノロジーを導入しました 生体認証を開発する 選挙での不正行為を回避し、プロセスの精度と速度を向上させるために使用される投票機。これは、ECEの学生にとって最高の紙のプレゼンテーショントピックです。


生体認証投票機セミナートピック

生体認証投票機セミナートピック

RFIDタグの安全な対称認証: ダウンロード

無線周波数識別システム は、タグとタグリーダーの間に視線を必要とせずに、オブジェクトに取り付けられたタグだけでオブジェクトを識別するのに役立つテクノロジーベースの識別システムです。必要なのは、タグとリーダー間の無線通信だけです。これは、ECEの学生にとって最高の紙のプレゼンテーショントピックです。

RFIDテクノロジーセミナートピック

RFIDテクノロジーセミナートピック

プラスチック太陽電池技術: ダウンロード

太陽 エネルギー ソーラーパネルによって電気が生成される、最も容易に利用できる再生可能エネルギー源です。ソーラーパネルは、太陽光を使用可能な電気に変換する太陽電池のアレイで構成されていました。家の屋根や独立した遠隔地に設置されたソーラーパネル。

ソーラーテクノロジー

ソーラーテクノロジー

ワイヤレス電力伝送技術: ダウンロード

伝統的 有線送電システム 通常、分散ユニットと消費者ユニットの間に送電線を敷設する必要があります。これにより、システムのコスト、ケーブルのコスト、送電および配電で発生する損失など、多くの制約が生じます。想像してみてください。送電線の抵抗だけで、生成されたエネルギーの約20〜30%が失われます。

ワイヤレス電力伝送技術

ワイヤレス電力伝送技術

センサー技術: ダウンロード

センサー 技術 電子システムの設計において重要な役割を果たします。センサーは、圧力、熱、光などの物理的条件または環境条件の両方からのある種の入力に応答して感知するデバイスです。センサーの出力は通常、さらなる処理のためにコントローラーに送信される電気信号です。 。

センサー技術

センサー技術

エレクトロニクスにおけるナノテクノロジー: ダウンロード

ナノテクノロジーは エレクトロニクスの新技術 、医学や宇宙技術などのさまざまなアプリケーション分野で使用されています。今日、ナノロボットは、特に癌、脳動脈瘤、腎臓結石の除去などの治療のために、生物医学の分野で重要な役割を果たしています。

ナノテクノロジー

ナノテクノロジー

組み込みシステムの最新技術: ダウンロード

ザ・ 組み込みシステム はコンピュータシステムであり、ソフトウェアがハードウェアに組み込まれて、電子ベースのシステムのデータを制御およびアクセスすることを組み込みシステムと呼びます。組み込みシステムにはエンジニアリングが含まれ、 エレクトロニクスミニプロジェクト、 と主なプロジェクト。このシステムは、独立したシステムでも、より大きなシステムでもかまいません。これは最高の紙のプレゼンテーションです ECE学生のためのトピック 。

組み込みシステム技術

組み込みシステム技術

FSO(自由空間光)技術

FSOのような技術は自由空間光通信の略で、無線通信技術です。赤外線信号または変調された可視信号を環境に送信して、ファイバーと同様の光通信を実現するために使用されます。 FSO通信では、データの送信にレーザーが使用されますが、データフローをグラスファイバーで囲む代わりに、データを空中に送信することができます。

FSOの動作原理は、IRTVリモートまたはワイヤレスキーボードと同じです。自由空間光通信(FSO)は、テラヘルツスペクトルの周波数で低出力IRレーザーを介して不可視の光線を送信します。 FSOでは、光線は非常に応答性の高い光子検出器受信機に焦点を合わせたレーザー光を介して送信されます。

これらは、フォトンストリームを収集し、デジタルデータを送信できる伸縮レンズで、ビデオ画像、インターネットメッセージ、無線信号、その他のコンピュータファイルが混在しています。 FSOシステムは、十分な送信機電力で送信元と宛先の間に明確な視線がある場合、数キロメートルの距離で動作します。

サイレントサウンドテクノロジー

バスや電車で旅行しているときは、外乱のため電話で話すのは少し難しいです。そのため、私たちは非常に大声で話し、電話で他の人に自分の声を伝えます。このため、旅行中に電話で話すためのサイレントサウンドテクノロジーが実装されています。

この技術の主な機能は、各唇の動きに気づき、電気パルスを内部で音声信号に変換することです。これらの信号は、周囲のノイズを除去することで送信できます。この技術は、騒音のためにはっきりと話すことができない人々にとって非常に役立ち、他の人を困らせることなく騒音のない電話をかけることができます。

音を立てる代わりに、イヤピースは筋肉の動きを決定することによって行われる口の動きをデコードし、その後、これを音声に変換して、電話で相手の反対側を聞きます。この翻訳は、英語、ドイツ語、フランス語などのさまざまな言語をサポートしています。ただし、中国語の場合、トーンが異なれば意味も異なります。

バイオニックアイズ

バイオニックアイは人工眼であり、この眼の主な機能は、視神経のさまざまな要素を直接動機付けることによって、人間の脳内に視覚的な振動を引き起こすことです。他の調査場所は、網膜上の神経節細胞を興奮させる可能性があります。そのため、人工網膜を作るためにより多くの注意が払われています。義眼にはさまざまな種類がありますが、典型的なモデルはありません。そのため、科学者はさまざまな種類のアイデアに取り組んでいます。

この目のプロトタイプは、直径2ミリメートルで、網膜の後ろに配置された3,500個のマイクロフォトダイオードが含まれています。このミニ太陽電池コレクションは、通常のビームを電気信号に変更するように設計できます。これらの信号は、目の網膜の残りの井戸部分を介して人間の脳に送信されます。

電子爆弾

電磁爆弾(E爆弾)は武器の一種です。この兵器は、強力な電磁場を利用して、人間や建物に損傷を与えることなく電子回路に影響を与える簡潔なエネルギーパルスを生成します。この電磁爆弾は、電磁衝撃信号を生成して、電子回路と敵軍の通信ネットワークに損傷を与えます。

極端に高いレベルでは、電子回路が完全に損傷するため、車内のラジオ、コンピューター、点火システムなどの電気を使用して、あらゆる種類の機械を切り離します。電子爆弾市場は、世界中の高出力マイクロ波の影響を受けています。これの主な用途は、通信システム、電子システム、防空システムを使用して、敵の移動、海軍艦艇、移動レーダーを標的とする軍事部門です。

現在、GPSベースの電子爆弾の需要は、これらの爆弾が戦術的な空襲のための通常兵器をリードしているため、急速に成長しています。これらの爆弾は主に、電子センサー、制御システム、変更可能な飛行フィンを使用した誘導兵器を備えており、より正確に誘導能力を提供します。軍隊の配置では、この電子爆弾兵器は、異なる軍事関係において主要な役割を果たします。核兵器はまた、世界中の市場でこれらの爆弾の拡大を改善しています。

5Gネットワ​​ークのためのエネルギー効率の良い方法

現在、通信技術が開発されており、それに対応してエネルギー使用量の最適化の必要性も高まっています。そこで、5G技術が開発され、無線ネットワークのエネルギー効率の重要性もさらに認識されました。

このプロジェクトでは、デバイスのエネルギー効率を高めるために5Gネットワ​​ーク内で受け入れられるさまざまな方法の調査を提供するために、さまざまなエネルギー問題に取り組んでいます。このシステムは、同時ワイヤレスエネルギー、電力伝送、ミニセルと巨大MIMOを使用したエネルギー効率の改善、リレーを介したEEの改善などの無線アクセス方法によるエネルギー効率の改善など、エネルギー効率を高めるためのさまざまな分野に焦点を当てています。

5Gテクノロジーのエネルギー効率を高めるためにいくつかの方法が使用されています。これらの方法は3つのグループに分類されます。これらのグループは、エネルギー効率の高い、エネルギー効率の高いリソース割り当てのアーキテクチャを使用し、そうでない場合はエネルギー効率の高い無線技術を採用しています。これらの方法は、5Gネットワ​​ークを統合することによる電力最適化のためのものです。

ナイトビジョンテクノロジー

暗視技術は、暗い状況でも観察できます。人間にとって、暗視能力は動物と比較して非常に貧弱です。そのため、この問題を克服するために暗視技術が実装されています。この技術を使用することにより、曇りの夜またはそれ以下の光の中で183メートルの距離に立っている人を観察します。この装置は主に軍人向けに設計されています。

このテクノロジーは、主に州および中央機関によってセキュリティ、検査、検索、および救助を提供するために使用されます。この装置は、画像増強ベースの技術を使用して、軽量ゴーグル内の大型光学装置から開発されました。熱画像と画像強調のような暗視に使用される2つの技術があります。ナイトビジョンには、生物学的タイプと技術タイプの2つのタイプがあります。

可視光によるコミュニケーション

VLCシステム(可視光通信)は、通信に可視光を使用して、周波数スペクトルの430 THz〜790THzに相当する380nm〜750nmの範囲を占有します。
RF通信内の低帯域幅の問題は、広大な帯域幅にアクセスできるため、可視光通信で判断できます。 VLCの受信機は、送信機と同じ部屋に信号が存在する場合、信号を受信するだけです。

したがって、VLCソースルーム外の受信機は信号を受信できません。そのため、RF通信システム内で発生する安全上の問題に対する耐性があります。可視光源が照明と通信の両方に使用される場合は常に、RF通信に必要な追加の電力を節約します。 VLCには、高帯域幅、ライセンスのないチャネル、低消費電力など、いくつかの利点があります。

この種の通信は、Li-Fi、病院内のロボット、水中での車両間通信、情報を表示するための看板で使用されます。 VLCは、車線変更の警告、衝突前の検知、および事故を回避するための信号機の違反警告を目的とした車両通信内で使用されます。

これらのアプリケーションでは、BWが高く、車両のライトと信号機が存在するため設置が簡単なため、VLCを介して提供される低遅延の通信が必要です。

VLSIによるOFDMの実装

OFDMのようなマルチキャリアシステムは、多数のサブキャリアのデータビットをエンコードするために使用され、同時に送信され、最適な帯域幅を使用します。 OFDMシンボルは、直交するサブキャリアのセットによって形成できます。マルチパスによるシンボル間干渉(ISI)を回避するために、連続するOFDMのシンボルはガードバンドを使用して分割されます。したがって、この帯域により、OFDMのシステムはマルチパスの影響に耐えることができます。

理論内のこのシステムは長い間存在していましたが、VLSIやDSPなどのテクノロジー内の現在の開発により、それが可能な選択肢になっています。このプロジェクトは、特に802.11aベースのOFDMシステム用にVLSIを使用してOFDMを実装します。ただし、同じ反射は、VLSI内でOFDMシステムを実行する場合に役立ちます。

このマルチキャリアシステムでは、シングルキャリアシステムとは異なり、データビットを複数のサブキャリアにエンコードできます。すべての周波数が同時に送信され、このシステムは、より単純なチャネルのイコライゼーション、緩和されたタイミング取得の制約、より優れたマルチパス影響耐性など、唯一のキャリアシステムに比べて多くの利点を提供します。ただし、ローカル周波数オフセットと無線フロントエンドの非線形性に対してより脆弱です。

マイクロ波パワーの伝達

SPSまたは太陽光発電衛星は、再生可能エネルギーシステムの一種です。この衛星は、太陽のエネルギーをマイクロ波に変えるために使用されます。これらのマイクロ波はビームに送信され、地球上のアンテナを受信して​​、通常の電気に変換されます。

SPSの最初のコンセプトは、1968年に米国で提案されました。現在、このコンセプトは、有望なエネルギーシステムを使用してエネルギーと地球環境の問題を特定するため、人々の注目を集めています。この太陽光発電衛星は、汚れのない安全で大規模な電源です。

プラズモン

より高速な情報転送および処理機能に対する需要の高まりは否定できません。私たちのデータに飢えた社会は、Siエレクトロニクス業界に大きな進歩をもたらし、過去50年間にわたって、より小さく、より速く、より効率的な電子デバイスへの継続的な進歩を目の当たりにしてきました。

これらのデバイスのスケーリングも、無数の課題をもたらしました。現在、プロセッサ速度の大幅な向上を妨げる最も困難な問題の2つは、電子相互接続に関連する熱および信号遅延の問題です。

L&Sバンドマイクロ波を使用した生命の検出システム

組み込みシステムにおいて、新しい革新的なものは、L&Sマイクロ波帯域に基づく生命検出システムです。このシステムは、地震によって建物の下に隠れていた人間を検出するため、地震によって数千人が死亡しました。

この検出システムを導入することにより、地震による死亡率が非常に高いため、死亡率が大幅に低下しました。マイクロ波信号の利点は、システム内で完全に使用されます。このシステムでは、L&Sバンドのマイクロ波が主に生体の検出に使用されます。

人工心臓へのエネルギーの伝達

人工心臓は通常の心臓のように機能します。血液を供給するための4つのチャンバーが含まれています。この種の電気循環は、人工心臓全体のようなデバイスを支援します。そうでない場合、心室ヘルプデバイスは通常、ポンプのようなBLDC(ブラシレスDC)モーターを使用します。動作には12〜35ワットの電力が必要であり、この電力はDC-DCコンバーターと可動バッテリーパックを介して供給できます。

FBG –ファイバーブラッググレーティング

光ファイバ通信(FOC)は、光ファイバを使用して光パルスを送信することにより、ある領域から別の領域にデータを送信するための1種類の技術です。電磁搬送信号は、データを保持するように調整された光によって形成できます。この光ファイバー通信の主な利点は、非常に低い損失を提供し、リピーター間、そうでなければ増幅器間の長い通信を可能にすることです。

本質的に高いデータ伝送能力を備えているため、1本の高BW光ファイバーケーブルを交換するには多数の電気リンクが必要になります。ファイバーのもう1つの利点は、長距離のデータを送信できることです。これらのケーブルは、ある種の送電線とは対照的に、効率的にクロストークを経験しません。

WLAN(無線LAN)のセキュリティ

現在、最も急速に成長しているテクノロジーは、ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)であり、オフィス、学校、家庭、および企業で使用するためにワイヤレス忠実度(Wi-Fi)標準を使用しています。彼らは進取的なネットワークのためにインターネットへのモバイルアクセスを提供します。そのため、オペレーターはデスクトップから離れた場所で接続を維持できます。これらのネットワークは、有線イーサネットインフラストラクチャにアクセスできない場合は常に高速に実行されます。

これらは、特定の商用インストーラーに依存することなく、より少ない労力で動作するように設計されています。 WLANが主に含む利点は、モバイルユーザーがデータだけでなく最も有用なアプリケーションにも常に接続できることです。モバイルユーザーは、電子メール、即時メッセージング、およびその他のアプリケーションにノンストップでアクセスできる場合、より創造的になる可能性があります

車間通信

IVCまたは車間通信は、運転手と乗客にITS(高度道路交通システム)とアシスタントサービスを提供します。このシステムは、車両の操作を再編成し、車両の交通を管理し、セキュリティ、料金徴収、その他の情報によってドライバーを旅行者に提供します。
この提案されたシステムでは、VANETまたはアドホックネットワークは、短距離から中距離の通信システムを使用するワイヤレスインターフェイスを内蔵した移動車両間で突然形成されたワイヤレスネットワークのように使用されます。

VANETは、モバイルユーザーが近くの車両間、2台の車両間、および道路脇の固定デバイスの近くで通信を提供するためのアドホックネットワークの一種です。これらのネットワークはVANETとも呼ばれ、近くの車両間の通信を可能にするアドホックなn / wの実際のアプリケーションの1つと考えられています。

移動列車無線通信

セルサイトと通信するために、各モバイルで個別の一時的な無線チャネルが使用されます。一度に、このセルサイトは、各携帯電話の単一チャネルを介して複数の携帯電話と通信します。これらの無線チャネルは、通信目的で一連の周波数を使用します。 1つの周波数が送信に使用されます。セルのサイトからデータを送信するための1つと、残りの1つは、オペレーターからの呼び出しを取得することです。モバイルユニット間で使用される通信は半二重であり、それ以外の場合は全二重です。

半二重の場合、移動ユニット間の通信が一度に行われるわけではないため、リスニングとトークを同時に行うことはできませんが、全二重の場合、通信は一度に行うことができます。モバイルユニット間の通信がセル内にあり、同じものが半二重の場合、その後は1セットの周波数を使用します。同じものが全二重である場合、周波数ペアの要件は2つでなければなりません。

移動ユニットがセルの外部にある移動ユニットを介して相互作用しているときはいつでも、その後、周波数のセットの必要性は、両方の通信のために各セルに対して単一でなければならない。したがって、モバイルユニットが全二重形式で相互に会話する場合、システムのリソースがより多く使用されます。

HARTコミュニケーション

HARTプロトコルの完全な形式は、「Highway AddressableRemoteTransducer」です。このプロトコルは、FSK(Frequency Shift Keying)を使用してデジタル通信信号を配置します。これにより、フィールド通信が双方向になります。このプロトコルは、4〜20mAの信号を中断することなく1200bpsで会話します。この信号により、ホストアプリケーションは、スマートフィールドマシンを使用して、1秒ごとに2つ以上のデジタル更新を取得できます。

このプロトコルは、4mAから20mAベースのアナログおよびデジタル信号のような2つの瞬時通信チャネルを提供します。この信号は、4mAから20mAの電流ループを介して一次測定値を反転させます。追加のデバイスデータは、デジタル信号を介して会話できます。

HART通信は、主にHARTを介して有効化される2つのデバイス間で発生します。通信は主に、一般的な計装用ワイヤ、標準の配線および終端処理を介して行われます。

電気通信ネットワーク

電気通信ネットワークは、光信号または電磁信号を介して複数の異なるサイト間でデータをアナログまたはデジタルの形式で送信できるようにする伝送システムの一種です。このデータには、オーディオ、ビデオデータ、またはその他の種類のデータが含まれます。これらのネットワークは、有線または無線通信に基づいています。これらのネットワークの最良の例は、モバイルn / w、電話固定電話n / w、およびインターネットとケーブルTVネットワークです。双方向音声伝送では、さまざまな種類の電話ネットワークが使用されます。

以前は、データ送信はワイヤーに基づいて行うことができました。音声信号は、アナログの電磁信号を介して送信できます。現在、電話ネットワークはデジタルであり、ネットワークは固定電話またはモバイルにすることができます。

無線通信用の成層圏プラットフォーム

現在、ほとんどの通信はワイヤレスで高速に行うことができます。ほとんどの人は高速の無線通信を使ってデータを送信しているので、有線でイライラすることはありません。 HAP(High Altitude Platforms)との通信により、農村部や遠隔地の村で高速通信が可能になります。

HAAPS –高高度航空プラットフォーム

HAAPS(High Altitude Aeronautical Platform Stations)は、航空機や飛行船を使用した無線狭帯域、ブロードバンド通信、放送サービスなどのサービスを提供するために使用される技術の一種です。高高度の航空プラットフォームは、3kmから22kmの高度で機能します。

これは、ユーザーの場所から許可される最小の仰角に基づいて、最大1000kmの幅のサービス領域をカバーします。これらのプラットフォームは、飛行船または飛行機であり、地球からのリモートコントロールを介して結合された自律プロセスを通じて無人である場合があります。 HAAPSは、太陽光発電と無人の飛行船であり、それ以外の場合は飛行機であり、おそらく数年はステーションでの長時間の飛行が可能です。

ブルーアイズテクノロジー

ブルーアイズテクノロジーは、オペレーターの基本的な生理学的要因を監視および記録するために使用されます。そして、サッケード活動1は、システムが視軸の大きな変位に伴う頭の加速を通じて、オペレーターの視覚的注意の位置をチェックすることを可能にする最も重要なパラメーターです。

業界の困難な状況は、労働者を有毒物質にさらすリスクをもたらす可能性があり、それが彼の循環器系、心臓系、肺系に影響を与える可能性があります。したがって、システムは、額の表面の皮膚から受信したプレチスモグラフ信号に基づいて、血中酸素飽和度と心拍数を計算します。

光学式マウス

光学式マウスのような高度なコンピューターポインティングデバイスは、固定されたマウスボールや電気機械式トランスデューサーの代わりに、光学センサー、LED、DSP(デジタル信号処理)を使用して構築できます。

マウスの動きは、波打つ球の動きを解釈する代わりに、反射光内の変化を通じて検出できます。このマウスは、機能している表面の顕微鏡のスナップショットを毎秒1,000枚以上の速度で撮影します。

このマウスを動かすと、画像が変化します。外部内の最小の異常は、DSPとセンサーが機能的な動きのデータを生成するのに十分な画像を生成できます。一部の表面では、異常が小さすぎて気付かないため、DSPとセンサーが正しく機能しません。霜が降りていないガラスは、光学マウスが不十分な表面の最良の例です。

実際、光学式マウスには可動部品が含まれていないため、クリーニングは必要ありません。この機能は、機械的な消耗も取り除きます。マウスデバイスを適切な表面で使用すると、古い電気機械設計のポインティングデバイスと比較して、気づきがより正確になります。これは、グラフィックスのアプリケーションにおける利点であり、コンピューターの操作を容易にします。

リニアモーターカー

リニアモーターカーは世界最速の交通機関です。この種の輸送は、磁気浮上の原理に基づいて機能します。通常の列車とMAGLEV列車の主な違いは、さまざまな国での使用法、速度などです。この列車で運転するために使用される技術は、動電サスペンションと電磁サスペンションです。これらの列車は環境にやさしいです。

AR(拡張現実)テクノロジー

拡張現実(AR)テクノロジーは、現実世界と仮想世界を追加して3D形式でグラフィックスを観察することで機能します。したがって、このテクノロジーで広範囲に生成されたグラフィックスは、現実世界のすべての人の認識を向上させます。このテクノロジーで使用される重要なコンポーネントは、ディスプレイ、見当識技術、追跡、ソフトウェアなどです。ARテクノロジーは、ゲーム、教育、防衛、セキュリティ、エンターテインメント、医療などで使用されます。

電子インク技術

この技術では、デジタルインクを使用して画面に入力する方法が使用されます。このインクは、数百万のマイクロカプセル、マイクロカプセルをロードするための油性タイプのインク材料電流、および負に帯電した着色チップ、そうでなければボールがマイクロカプセル内に浮くなどの3つのコンポーネントで設計できます。

電子インクは、通常のインクとは異なりますが、同じように見えます。また、通常のインクが塗布されている同様の素材にも使用できます。とはいえ、製造会社が異なれば、Eインクはさまざまな方法で製造されます。

フォトニック集積回路

PICまたはフォトニック集積回路は、いくつかの光デバイスを使用して唯一のフォトニック回路を作成する複合チップです。

フォトニックICと電子ICの主な相違点は、フォトニックICが電子ICに類似していることです。 PICに配置されるマルチプレクサ、光増幅器、光レーザー、デマルチプレクサ、検出器、および減衰器などのいくつかの光デバイスがあります。このデバイスは、このデバイスに数百から数千の光デバイスを統合することにより、大規模な操作に使用できます。

電子通信工学の学生のための技術セミナートピックのリストは以下のとおりです。これらのゼミのトピックは、ECEの学生にとって非常に役立ちます。

  • システムオンチップ設計の課題
  • プラスチック太陽電池:ナノロッドとスクリーン印刷技術の実装
  • 光コンピュータ (技術の未来)
  • バイオチップ技術
  • 宇宙太陽光発電
  • 「ARM」アーキテクチャの進化と実装
  • マルチコアプロセッサとその利点
  • 触覚技術
  • 次世代 無線通信
  • ウィンドウベースの組み込みシステム
  • 生体認証技術としての虹彩認識
  • 信号処理による音声信号分析と話者信号認識
  • ワイヤレステクノロジー
  • デジタル画像処理を利用した兵器検知システム
  • スニファー携帯電話
  • シリコントランジスタを使用したVLSI論理回路
  • 電子ワイヤレスボディスキャンシステム
  • Zigbeeワイヤレスメッシュネットワーキング
  • 携帯電話を利用した事故検知システム
  • 電子回線を介したインターネットブロードバンド
  • 電子ベースの衛星通信システム
  • ナイトビジョンのしくみデジタル画像処理
  • ダイヤモンド-究極の半導体
  • ワイヤレス世界を創造する超広帯域技術
  • ブルーレイとHDテクノロジー
  • 3Gモバイル通信技術
  • 脳の指紋技術
  • スマートアンテナ技術
  • スマートコードセキュリティシステム
  • Zigbeeワイヤレス通信
  • WI-MAXテクノロジー
  • 圧縮画像処理
  • 無線周波数識別
  • アマチュア無線用衛星
  • 3D集積回路
  • 組み込みシステムのワイヤレススマートカー
  • 無線光通信
  • 組み込みシステムを使用した人工手
  • 航空宇宙アプリケーションにおけるピエゾ電気ウェーハアクティブセンサーを備えた組み込みNDE

したがって、これはのリストです 最新セミナー ゼミのためのECE(電子通信工学)学生のためのトピック。これらの電子通信向けゼミトピックリストは、工学部の学生がゼミトピックを選択するのに役立つと信じています。

お見逃しなく: 工学部の学生のための電気電子プロジェクト

これとは別に、読者と学生のための簡単なタスクがあります。上記のゼミトピックのリストから、選択したゼミトピックを選択し、以下のコメントセクションにそれらを記載するように求められます。また、読者の皆様には、以下のコメント欄に質問を書いてフィードバックをお寄せください。