車速制限警告表示回路

車速制限警告表示回路

次の投稿では、制限速度を超えている可能性のある状態を即座に示すために車両で使用できる、シンプルでありながら便利な制限速度警告インジケータ回路について説明します。このアイデアはアブハフス氏から依頼されました。



技術仕様:

車が事前に設定された制限速度に達したことをメロディーで警告する回路を設計できれば、感謝します。速度が制限を下回るとすぐに、アラームが鳴るはずです。

回路には、2つの速度制限を切り替えるための2つのオプションが必要です。





1.回路には選択スイッチが必要です---位置A >> 100Km / h(通常の高速道路の場合)および位置B >> 120 Km / h(Experesswaysの場合)。

2.スイッチがたとえば位置Bに配置されている場合、車の速度計から現在の速度を取得し、選択した制限速度(120 Km / h)と比較できるセンサー。センサーが速度を120Km / h以上と読み取ると、速度が低下するまで警告メロディーの再生が開始されます。



デザイン

車の制限速度超過インジケーターの設計回路は、基本的に2つのステージで構成されています。どちらのステージにも、ユビキタスIC555が組み込まれています。

IC1を含むステージは、単純な周波数から電圧へのコンバータまたは周波数依存の電圧発生回路として構成されています。

ここで、IC1は標準の単安定マルチバイブレータの形で装備されており、そのオン時間は抵抗R3 / R4とコンデンサC2によって決定されます。これらのコンポーネントは、最も好ましい出力応答を得るために適切に選択する必要があります。

今日のすべての現代の自動車には、古いサーキットブレーカーユニットとは対照的に、常にCDIまたは容量性放電点火ネットワークを含む電子点火システムが組み込まれていることは誰もが知っています。

CDIユニットは、車両のエンジン内で必要な点火火花を生成する役割を果たし、その発火率は車両の速度に直接比例します。

これは、車両の速度が上がると、CDIコンデンサの充電/放電率も上がることを意味します。逆もまた同様です。

IC1を中心に構築された単安定は、CDIシステムのこの機能を活用し、T1のベースにあるCDIからサンプル電位を導き出します。

T1は、CDIからのさまざまな高電圧パルスをC1とグランド間の低電圧トリガーパルスに効果的に切り替えます。

上記のパルスに応答して、T1が導通するたびに、IC1のピン#2がグランドに引き込まれ、単安定出力がハイになります。

単安定は、前のセクションで説明したように、それぞれのタイミングコンポーネントの値によって決定される期間、出力を高い位置に維持します。

ただし、パルスの連続列は、IC1のピン#3で適切に安定化された高出力を開始します(パルスの周波数に比例するほぼ正確な平均DC出力を生成する単安定の機能のため)。

回路動作

出力は、R7 / R8 / C4 / C5とP1を含む積分器ステージによって、完全に測定可能な等価DCにさらに安定化されます。

IC2は電圧コンパレータとして配線されています。

そのピン#2は、IC1出力から変動する電圧を受け取ることができます。

P1は、IC1からの出力が速度超過制限値として計算できる特定の制限に達するとすぐに、ピン#3の電位が1 / 3Vccを超えて上昇するように設定されます。

これにより、IC2の出力が即座にローになり、接続されているアラームデバイスがアクティブになります。

このアラームは、車の速度が事前設定された制限を下回らない限り、アクティブのままになります。

速度が低下するとすぐに、アラームは鳴り止みます。

プリセットP1は、さまざまな高速道路のさまざまな速度制限を選択できるようにするためのセレクタスイッチとともに、適切に計算された分圧器ラダータイプのネットワークに適切に置き換えることができます。

回路図

提案された車速制限警告表示回路の部品リスト

  • R1 = 4K7
  • R2 = 47E
  • R3 =可変100K抵抗器になることができます
  • R4 = 3K3、
  • R5 = 10K、
  • R6 = 330K
    R9 = 1K、
  • R7 = 1K、
  • R8 = 10K、
  • R10 = 100K、
  • C1 = 47n、
  • C2 = 100n、
  • C3 = 100n、
  • C4 = 100uF / 25V、
  • C5 = 10uF / 25
  • VP1 = 10kプリセット
  • Z1 = 6Vツェナー
  • T1 = BC547
  • IC1、IC2 = 555、
  • D1、D2 = 1N4148
  • BZ1 =ブザーまたは音楽警報装置

オペアンプを使用した設計の改善

上記で説明した車速警告インジケータの精度と信頼性は、以下に示すように555ブザーステージをオペアンプ/リレーステージに置き換えることでさらに改善できます。

回路図

過速度状態の検出時にリレーをラッチさせるために、以下に示すように、ヒステリシスフィードバックを上記の設計にすることができます。




前:高電流MOSFETIRFP2907データシート 次へ:ソーラーパネル、インバーター、バッテリー充電器の計算